いったりきたり

舞台俳優 / 二次元 / 雑記

オタクの終着点

 

 

 

オタクの目指す理想の終着点ってなんなんですかね?

一応言っておきますがオタクをやめたい訳ではないです。ないですけど、一度考え込んじゃうと止まらなくなっちゃう性格なのでどうしてもモヤモヤしちゃって。

 

推しを応援していてすごく楽しいです。嫌なこととかもう全部やめたいって思うようなこともあるけど、ブログが更新されれば癒されるし推しの次の舞台のことを考えれば幸せな気分になります。それに向けて頑張ろうって。

充実してるんだなって思います。

でもね、いつまでこの状態が続くんだろうなとも思う訳ですよ。ずっと好きだけでやっていける訳ないよなって。

実際今までもそうでしたし、多分今の推しに対しても嫌になっちゃうときがくるのかもしれません。もしくはもっと魅力的な人が現れてその人に夢中になっちゃうかも。今は想像できないけど。

推しに会うために働いてお金を貯めて、チケットを買って舞台に入る。そんな当たり前のことが当たり前じゃなくなる日がくるのかもしれないって考えると、少しだけこわくなります。

だって、終わりが見えないから。

どうなったら気持ち良くオタクを卒業できるっていう最終目標がないから。

推しがこのステージに立ったら卒業しようだとか、推しがドラマに出るようになったら卒業しようだとか、そんなことを考えてオタクしてる人は目指すところが決まってるからいいよなぁって思います。でも私は違うし、そんな目標全くない。

推しに報われてほしいとは思うけど、正直推しがテレビで主演を張ったりって姿は想像できないです。仮にそうなれたとしても、推しの飛躍をもっと見続けてたいって思っちゃうから売れたって多分オタクをやめることはないと思います。

ありえるなら売れちゃったからもう私は必要ないなってマイナスな気持ちでの卒業だと思います。でもそれって納得のいく終わり方ではないですよね。

あとずっと考えているのは、推しが結婚したらやめようってことです。これも起こってほしくないことだけど、そうなったらもう私は純粋に応援できる自信がありません。だからそっとさよならすると思います。

 

皆さんには目標ってありますか?

推しにどうなってほしいですか?

明確な終着点がわからないから、私はこれからもありえるかもしれない残酷な終わりにビクビクしながらオタクを続けていくんだと思います。

嫌な訳じゃないです、もちろん。推しを応援するのは楽しいです。幸せです。好きでやってることなんだから。でもだからこそ終わりが見えないこの幸せがいつか絶対に壊れる日がくるんだと思うと、悲しくて悲しくてしょうがなくなります。

幸い今の推しは誰かと噂になったこともなければカノバレしたこともないです。とってもクリーンな人です。

でもそんなクリーンな推しが突然結婚してしまった過去があるから、もうあんな経験はしたくないなって思っちゃうんです。思うけど多分そういうスキャンダル的なことが起きない限り、明確な終わりはこないと思います。

 

自分が結婚してしまえば大丈夫なのかなって考えたりもします。もしそうならそれは一番ありえるかもしれない幸せな卒業ですよね。

でも私の結婚相手の条件は“オタクを理解してくれる人”だから、結婚してもオタクは続けるんだろうなって。

 

もうだめですよね、本当に終わりが見えない。誰か決めてほしい。あんたはこうなればオタクをやめなさいって。

オタクなんてただの趣味なのに、今の生活のほぼ全てがその趣味のためになってしまってて。それが今の幸せなんだって思いつつ、このままじゃだめなんだろうなって気持ちもあって。

毎日葛藤しながらそれでも推しが好きだから会いに行く。そんな状態です。

この状態がずっと続くって約束されてるなら、何も悩むことはないんですよ。このまま推しを応援しきって死ねたら本望。でもそんなことありえない。

ずっと表舞台に立ち続けてくれるなら、できる限り応援していたいとは思うけど、いつ推しが板の上からいなくなってしまうかわからない。

幸せと不安が入り混じった気持ちでオタクを続けることがどれだけ自分の精神を削ることになるか、自分でも本当はよくわかってないんだと思います。今はどうしても好きだから会いたいって気持ちが優先されちゃうから。

それが正しいとか間違ってるとか、そんなことはわからないけど、私は納得のいく終着点が見つかるまで推しを応援し続けたいと思っています。

もし今の推しから離れるときがきたとき、全部無駄だったとは絶対に思いたくないです。だからできるだけ今のうちに“推しを好きでいられて幸せ”って気持ちを貯めておきたい。いつかオタクをやめるくらい嫌なことが起きたとき、この気持ちがゼロになってもマイナスにはならないようにしたい。

 

こんなに不安を感じながらオタクをするのは馬鹿なことなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。お察しの通りめちゃめちゃ情緒不安定です。理由はわかんない。でもたまにこうなっちゃう。ネガ人間だから。

基本的には能天気に今日も推しがかわいいかっこいい幸せ〜〜って感じなんですよ。

改めて文章にしてみるとオタクってほんと残酷だなって思います。でもしょうがないよね、好きなんだもん。傷つく前にタイミングよくやめるなんて絶対無理だから!

推しくん、頼むから結婚するときは半年前に少しだけ匂わせて!!!降りなって合図ちょうだい!!!!!!!頼むから!!(無理)

 

あ、ひとつ言いたかったことがあるんですけど、私のブログを読んでスターをつけてくださった方本当にありがとうございます。

実は私このブログが初ブログなんですよ。なのでスターがついたり読者登録してくださったときの喜びはもうはんぱじゃなかったです。ありがとうございます。

これからも思ったことを書き殴るだけの自己満ブログにはなると思うんですけど、自分のペースで書いていけたらなって思います。

いつか推しが誰なのかも話せたらいいなぁ、今は絶対に無理だけど。

 

 

 

近くても遠くても

 

 

 

今日やたら周りから目線を感じるな〜と思ったら腕にデカめのてんとう虫がくっついていた女です、どうも。

 

前回と似てるっちゃ似てるんですけど、今日は遠征について書こうかなって。

まず、私は学生でバイトをし始めた頃からずっとオタクとしての活動を楽しんできた純オタクなので、今更遠征することについてつらさを感じることはないです。それを前提で読んでいただけたら。

 

この界隈でもなんでも、基本的に東京での現場がメインじゃないですか。だから必然的に地方に住んでるオタクは遠征しなきゃいけなくなっちゃう。

毎回チケット代諸々+往復交通費や宿泊費を払わないといけないのは正直楽なことじゃないです。私も未だにこれがなけりゃあと3公演は増やせるのにな〜って思ったりもします。

ただでもそれは自分がそこに生まれたんだからしょうがないことなんですよ。行きたきゃ払うしかないんだし毎回毎回しんどいっていうなら上京すればいい。いろんな理由で上京できない人だっていると思うし、それならもうやれる範囲でやるしかないんですよ。それで都内住みを恨むのはお門違いかなって。

ただね、地方住みのしんどさを全く理解できてない都内住みの方がいるのも事実です。近くでやるのが当たり前、仕事終わりに入るのが当たり前、みたいな方結構いると思うんです。

それはそれでその人の育ってきた環境を考えれば当たり前のことではある訳ですよ。ただなんで来ないの?!だとかおいでよ!だとか、いやあんたとはかかるお金も違うしあんたのために行くわけじゃないしって思っちゃうようなことは言わないでほしいなって。埋められない元々の差のことは考えないようにしてるのに、そういうことを言われるたびに自分の中の子供な部分がニョキってでてきちゃうから。ちょっとぐらい配慮がある言い方をしてくれたらありがたいなって思うんです。

 

一応地方に住んでいるオタクとして常々思ってるのはこんな感じ。でも、私は距離を言い訳にはしたくないと思ってるので、東京でしかやらないからって理由で足を運ばない方は正直少し苦手です。

地方でやってくれたら行く、地方でもやってくれればいいのに、って、そんなたらればを言ってても仕方ないじゃないですか。それ言い続けて何回目なんだよって。本当に行きたい人は遠くてもお金がかかってもなんとかして行くんですよ。

もちろん学生でバイトができないだとか、難しい場合もあると思います。それはもう我慢するしかない。その分自分で働いて稼いだお金で遠征したときの達成感はものすんごいと思うから。私はそうでした。

 

あとね、東京でやることが当たり前になりすぎて、全く地方公演に行こうとしない方っているじゃないですか。私も何度かフォロワーさんにわざわざ地方に行かなくても東京でやるからねって言われたことがあって、その度にモヤモヤモヤモヤしてました。

地方だからこそ行くんじゃないの?って。地方の方が埋まりにくい作品って多いと思うんです。同じ公演でも会場によって少し違ってたりもするし、私はそういう違いを楽しむのも醍醐味だと思ってるので。地方公演がある作品でもじゃあ東京行かなくていいやとは思わないし、ありがたいけどどっちもできるだけ入りたいなって思います。

遠征したことがない方は一度地方公演にも入ってみたら楽しさだったりしんどさだったりも理解できるんじゃないかなって思います。まぁわざわざ行く必要ないじゃんって気持ちもわからないことはないですけどね。交通費って大変だもん。

 

 

またまたまとめられない話を長々としてしまったんですが、とにかくお互いの気持ちを汲み取りながら楽しくオタクできたらいいねって。

以上、自分の周りの都内vs地方戦争で気が立っているフォロワーさん達への遠回しのメッセージでした。

 

 

ちなみに最近よくなんで上京しないのって聞かれるんですけど、私の場合は今の仕事にやりがいを感じてるからです。無理なく現場にも行けてるし、絶対全通!みたいな気持ちも落ち着いてきたので今の観劇ペースで割と満足してるからってのもあります。

今後の仕事の都合によっては上京してもいいかなって思ってるので、逆に上京したらもっと欲が出ちゃいそうでこわいんですけどね。

 

 

 

矛盾と苦手意識

 

 

 

こんばんは。

突然なんですけど、嫌われがちなおたくの共通点って、矛盾してるところだと思うんです。

例えばずっと議論されてる推しに会いに行こうとしないオタクについて。個人的にその方が推しに対して全力で応援してますってスタンスじゃないなら別にいいと思うんですよ。茶の間で私は遠くから応援してますってスタンスならね。ただ○○くんに人生捧げます○○くんが大好きです○○が一番です!ってアピールしてるような方が何かと理由をつけて現場に行かないことには疑問を感じます。

でかい口叩くくせに行かないから嫌われるんだよあんたはって思います。正直。

自分の頑張れる限界をわかっていて、行かないことに言い訳をしない方はその方のペースでやってるんだなって、むしろ好感を持てます。

でも、推しぴに会いたいのに今回は行けない><弱いオタクでごめんね><フッ重やめたい><みたいなツイートを垂れ流してる頭の悪そうなオタクを見てると、なにがしたいの?ってなっちゃうんです。前回も行けてなかったし誰に謝ってんのかわかんないしやめたいなら現場に行けって話なんですよ。推しぴが報われますように〜〜><って、それは少なからずあんたの頑張り次第で決まることなんだよって。

自分は全く動かないのに推しの飛躍を願うなんておこがましいにもほどがある。言ってることとやってることが矛盾してる人間がこの世で一番苦手です。

行かないことがだめなんじゃなくて、“上から目線で推しを語るくせに”行かないことがだめなんだと思うんですよね。そういう人に限って円盤を見ただけで同じように語ってきたりするじゃないですか。あぁだめだこれただの個人的な愚痴になってるごめんなさい。何言ってるんだろう自分でもわかんなくなってきた。

 

あと、よくいるチケットが外れたことを理由にするオタク。

これも外れたらやめておこうって割り切って応募してる方に関しては、外れたから行かないっていうことも理解できるんですよ。

ただ外れたことに対していつまでもうだうだ言いつつ何もしようとしないオタクは見ててよくわかんないなって思います。外れたって探せばいくらでもまだチャンスはあるのに。

それを知らないなんてことはさすがにないだろうし、じゃあなんで行動しないのか?本当は行くつもりなんてないんじゃないか?って考えちゃうんですよね。お金がないならないで大人しく行けません諦めますってスタンスでいればいいのに、あくまでも自分は行くつもりがあるんだよでも外れたから!って理由付けようとするから周りに???って思われる訳ですよ。

そういう人を見てると私が代わりにチケット探してあげようか?いくらでも見つけてあげられると思うけどどうなの?いるのいらないの?ってなっちゃいます。ほんと捻くれてるなぁ、自分。

まぁ全部心の中で苦手だな〜〜って思ってるだけなので今のところ大丈夫なんですけど、そういう方とは絶対仲良くなれないなって思います。

 

 

え?どうやって締めればいいかわかんない。

とにかく何が言いたいかっていうと、行けないことに言い訳をしないオタクでいたいなってことです。おしまい。

 

 

 

 

舞台俳優応援スタンス

 

 

 

今更かよって感じなんですけど!

イラカリしながら殴り書きした一番最初の記事を消してしまったので改めて自己紹介のつもりで書いていきたいと思います。

いろんなブログ様、参考にさせていただきましたありがとうございました!(引用わからんのかい)

 

 

・自分

地方在住 / 社会人 / 20代前半

職種は一応販売かな?接客業だから土日祝日に休みを取るのが申し訳なくてしょうがない。まあ取るんですけど。

 

推し

20代前半の若手俳優に分類される人なのかなって思います。ちなみに私よりは年上。

主に2.5作品によく出てます。ストレートな舞台とか小劇場でやる舞台なんかにもちょくちょく。

ほんっとーーーにド新規なのでまだまだ知れてない部分もあるとは思うんですけど、とっても綺麗な方です。これ前の記事でも言ったな。儚い〜!綺麗〜!って感じの方です。いや語彙力。

あとね、推しの何が好きって、ブログの文章がすっごく魅力的なところ。そこ?って感じかもしれないんですけど、これ個人的に死ぬほど重要。基本的に頭の悪い人が好きじゃないので、どんなにお芝居が魅力的な人でもSNSを覗いてこいつダメだな〜って思っちゃうともうアウト。自分の思ってることをしっかり伝えられる人じゃないとなって思うんですよね。ほんと個人的な意見ですけどね。

舞台期間は徹底的に役として生きてくれる人なんで、役によっては文章が極端に短くなっちゃったり写真があんまり上がらなくなっちゃったりもするんですけど、そういうところもいいなって思います。

自分で打ってて気づいたけど推しに対しては割と盲目気味かも。

 

・観劇と遠征

地方住みなので基本的に毎回遠征です。

遠征し始めたばっかりの頃は夜行バスがこわくて新幹線をよく使ってたんですけど、今はもっぱら夜行バス派。だって安いんだもん。

観劇回数はひとつの作品に対して大体5公演前後。期間が長いものは連休を複数回取ったりできるんですけど、そうじゃないものはほぼほぼ長くて3連休を1回取る程度。短い期間でどれだけ多く入るかに重点を置いてるので、マチソワがある土日メインで入ることが多いです。東京公演+関西でも公演がある場合はそっちも基本入れるだけ入ってます。仕事が終わってダッシュしても間に合わない時間や会場だったら難しいけど、交通費がかからないのが嬉しくて結局全部入ってたみたいなことある、わかる。

公演期間が短いものだとその期間全部休みもらいたいなとも思うんですけど、未だにそれはやったことないです。長くて3連休っていう暗黙の了解があるんですよねうちの職場。ただまぁ頼めば許してくれるかなとは思ってるので、来年に決まってる大好きな舞台期間はめちゃめちゃ休み取ってやろうって考えてます。

ちなみにオタクに理解のある職場なので、というかジャンル問わずほぼほぼオタクしかいない職場なので、気持ち的には動きやすいです。帰ってきてからも話聞いてもらえたりするからもうほんとありがたい。みんな大好き。

ただオタクって土日祝日休みたいじゃないですか。だから他の人と休み希望が被っちゃったりするともう戦争。今のところ希望は通ってるけどほんとはもっと休みたい。他の日いくらでも働くから。お願い。

 

・行く基準

舞台だったらどんなに興味のないものでも最低1.2回は入ります。少しでも席が埋まればいいなって思うし、推しの名前でチケットが取れる公演なら尚更。

接触系は今のところ推し変してからは決まってないので行ってません。やるよって言われたら行くけどね。

ただバスツアーとかはこわいなって思います……これまた別の記事で書こうかな、バスツアーまじほんとむりこわい地獄じゃん死んじゃうよ………。

 

・買う基準

グッズ系はブロマイドなら全種類買います。今の推しに関してはデビューから応援してるわけじゃないので、過去作品のものもブロマイドは探して買ったりしてます。元々二次元のオタクだからコレクター気質なんですよね。

ランダムの缶バッジ系は気分によってまちまちだけどあんまり買わないかな。買うときは楽しくてガンガン買っちゃったりもするんですけど、絶対後からなにこれいらね〜ってなります。二次元ヲタだったときも買って放置って感じだったので缶バッジの活用方法が未だにわからない。

アクキーは大好きなのでランダムだろうとキャスト別だろうと買います。なんなら複数集めるし買い取る。アクキーって可愛くないですか?ほんと大好き。無駄に毎日持ち歩いてる。

あとパンフレットもまちまちですね。買っても推しのインタビューを1回読んで放置ってパターンが多いので正直いらないってのが本音です。

逆に円盤は基本どんな舞台でも発売されるなら買います。バクステとかあるなら尚更。懐古が激しいオタクだから何回でも見返したくなっちゃうんですよね。なんなら友達にも見せるしここ良くない?!ここ!んガァ〜〜!ってなっちゃう。めんどくさ。

 

・手紙とプレ

書きたいと思ったら書く!あげたいと思ったらあげる!ってスタンスです。元々文字を書くのが苦手なので、今まで応援してきた人達を思い浮かべても思い出せるぐらいしか手紙は出してない気がします。書いてても途中でごちゃごちゃになってもういいやってなっちゃうんですよね。鍵垢で感想垂れ流しツイートはするくせにいざ本人に書くぞってなるとあれ?みたいな。

ただ今の推しに関しては一気に5.6枚ぐらい書いちゃったりもします。え?5.6枚って多いよね?自分の基準で考えてるからものすんごい多いと思ってるんですけど一般的にどうなのかはわからないです。

未だに書くのにすごく時間がかかるので、毎回必ずスマホで下書きしてから書いてます。もうめんどくさいからそのまま印刷して入れたいんですけど誰かそれやってる人いないかなぁ、いないよなぁ。

プレに関してはあげたいと思う物が見つかればあげる、って感じです。とか言いつつオタクの友達と買い物行くたびにプレ探ししてる自分がいます。自分の服より先に探しちゃうんですよね、楽しくてしょうがない。

今のところ今までの推しに贈った物は全部使ってもらえてるから一応安心。あげてるのはほぼ毎回服ですね。衣類は何着あっても困らないから。値段はまちまちだけど大体1万円前後。お花のことも考えるとバカ高い額は出せないなって感じです。

気にいらなきゃあげるなり売るなりお好きにどうぞタイプだけど、せめて1回ぐらいは使ってほしいなぁって思います。どっちだよ。

まぁみんな自己満だけど使ってもらえなかったらイライラするよね、わかる。別の記事にも書いてますが元推しのときのイライラは半端じゃなかったです。使ってくれるまでの期間が長い長い。

見返りを求めず贈り物をできる心の綺麗な人間になりたいなぁと思っています。

 

・普段の行動

現場がないときは仕事です。働かざるもの楽しむべからず。今の仕事が割と好きなので苦痛はないです。

現場がない休みの日はほぼほぼ何かしら友達との予定を入れます。だって寂しいから。せっかくの休みを何もしないで過ごすのが嫌っていうのもあるし、ただ単純に友達が好きだから話したいんですよね。

 

・同厨

色々とあったので今は周りと比べない、見ない、気にしないをモットーにオタクしてます。ただ本当に仲良くなれる子がいるなら同厨で1人だけ友達がほしいなとは思ってます。めちゃめちゃ害がなくて欲もない子がいい。できるわけないけど。

 これも長くなるからまた別で書こうかな。

 

 

と、まぁこんな感じですがいかがでしょうか?いかがでしょうかとは?

長ったらしくなってしまって誠に申し訳ございません。打ちながらあ〜あれも書きたいこれも書きたいってなっちゃったのでまた別で色々更新しようかなと思います。

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

好きということ

 

 

 

こんばんは、今日も推しが大好きです!

はい。

 

最近ね、よく思うんです。何千何万っている俳優の中で推しを好きになれたことって本当にすごいことだなぁって。ポエマーか?

好きになるって本当に不思議なことだと思うんです。

2.5界隈でその役を演じている俳優さんを好きになることってよくあるじゃないですか、○○くんの○○役が好き〜みたいな。それはまあこの界隈のオタクしてるとこの子のこの役好きだなぁとかその作品毎にいいなって思えるキャラがいたりするわけじゃないですか。

ただそれって、その役をやっているその人が好きなわけであって、公演期間が終わってその役じゃなくなったその人に対してお金を落としたい気持ちがあるのかって聞かれるとそれはまた別だと思うんです。少なくとも私はそうです。

私は個人的に“この役が良かった”から“だから別の作品も観に行こう”に進めるかどうかが応援するしないの定義だと思っていて。“この役が良かった”俳優さんは沢山いるけど、“だから別の作品も観に行こう”に繋がった俳優さんは今まで推してきた二人しかいませんでした。

今の推しに関してはお芝居から入ったのは入ったんですけど、それと同じぐらい人柄がとっても素敵だったんですよね。内面がこうじゃなきゃ、応援しようって気持ちまではいってなかったかもしれないです。

素人の私でもなんとなくこの人はすごいって思えるぐらい本当に意識が高い人で、共演者から芝居馬鹿って言われてたりもして。口でお芝居に対しての努力うんぬんを言うのは簡単だけど、それを確実に実行に移してちゃんと成し遂げて、役の為にそのときの自分の全てを費やそうっていう姿勢に惹かれたんです。

役に対する熱量がすごすぎて普段の自分がどうでもよくなったりって人なんですけど、でも私はそういう姿勢自体が推しの魅力だと思ってるんです。

“この役が良かった”から“だから別の作品も観に行こう”に繋げた推しにはとっても魅力があるんだよってことを声を大にして伝えたいです。

少なくとも自分はあなただから好きになったんだよって。

 

なんで推しなのか、推しじゃないとだめなのかって思うこともありますけど、そうやって考えつつ今現在進行形で会いに行って幸せを感じてる自分の気持ちが答えなんだと思ってます。

好きだから好きなんだなって。

考えたって悩んだって、舞台を観に行って推しを見れば全部どうでもよくなるし、それが今の自分なんだって思うんです。

 

私の周りにもなんで好きなんだろう、なんで推しなんだろうって悩んでる子が割といるんですけど、そういうツイートを見かける度に思うんですよね。それだけ悩んでても現場に行って推しに会った後のあなたはちゃんと楽しそうだよって。

逆に義務感の方が大きくなってしまってる子って、現場の後でもどこかつらそうなんですよね。ほんとにそれでいいの?って思っちゃうんです。

いつまでも純粋に好きって気持ちだけを優先できたらいいのになって思います。

それが一番難しいんですけどね。

 

 

 

推しについて

 

 

 

皆さんが推しを好きになったきっかけってなんですか?

私は自分でもよくわかりません。でも人間落ちるときってこんなにストンって落ちるんだなぁってびっくりするぐらい、今の推しには自然と惹かれてしまいました。

役に対する姿勢がとにかく素晴らしくて、正直今まで顔が良いやらかわいいやらって感情でオタ活してきた自分を殴りたくなるぐらいできた人間なんです。ほんとに。

推しっていうのも恐れ多いぐらいほんとに素晴らしくて素晴らしい人なんです。すんっばらしい……ほんとに素晴らしい…………好き。

 

私元々数年前まではアイドル界隈のオタクをしてた人種なんですよ。だから舞台に興味を持つようになってからも俳優さんにどこかアイドル的要素を求めてしまってる部分があって。

例えばライブシーンがあって反応がないとなんでだよ!って気持ちになっちゃうんですよね。その日一番構ってもらえたって思えるのが自分じゃないと気が済まない。典型的なドルヲタの我儘です。

プレも手紙も自己満のためにあげてました。プレを着て私信してくれてる事実を周りにも知ってもらいたい的な。

他のヲタクがどんな人か知るために同厨と繋がってみたり、自主的に精神を追い込むほんとにゴミクズみたいなヲタクだったと思います。だからこそ周りのヲタクを気にしすぎて爆発しちゃったんですよね。

あるときふと自分はなんでこの子を応援してるんだろうって思っちゃったんです。本当にこの子じゃなきゃだめなのかなって。

周りのヲタクに負けたくないから舞台も入るしプレもあげる。でも別の子のプレの方が先に使われちゃっただけで死にたくなる。自分のが使われても嬉しくない、負けた、って思ってしまってる自分に気づいたんです。

そもそも負けたってなんだよって話なんですよ。ヲタクに勝ち負けなんてないしみんな同じただのヲタクなのに。

突然そういうめんどくさい感情を持ってオタクしてる自分が嫌になったんです。だから周りと繋がっている連絡手段全部断ち切ってみたんです。

そしたらびっくりするぐらい何も感じなくなって。

推しがブログを更新しても無、写真が上がっても無、もう何もしたくない。って。

最初は本当に推しのことが好きだったって自信を持って言えます。でもいつからか推しを好きな気持ちより、自分がヲタクとして認められたいっていう承認欲求の方が大きくなっちゃってたんですよね。推しを頑張って応援している自分に酔ってただけなのかなって。

 

そんなこんなで推しってなんだろうって思いつつ、その時期ちょうど作品が好きで通っていた舞台で今の推しに出会いました。

最初は綺麗な人だなぁって思ってました。かっこいいとかかわいいとかじゃなくて、綺麗。

動きも綺麗で台詞の吐き方も綺麗。

自然とその人に対して他の俳優さんとは違う感情を持つようになってました。その方が喋るとドキドキワクワクするし、捌けてっちゃうと早くでてこないかなって思ったり。もっとこの人のお芝居を観てたい、もう終わっちゃったの?短い、でも楽しい。って。

いつの間にかその人のお芝居を観るために足を運ぶようになってました。最初はその役をやっているその方が好きなだけなのかなとも思ったんですけど、やっぱり違って。

きっかけはその役であっても、その人のまた違う作品に出ている姿も見てみたい、次はどんな風に演じるんだろうって思うようになってたんです。

 

ちょうど推しに対しての気持ちがよくわからなくなってた時期でもあったから、すんなり推し変を決められました。

ただその頃の推しに対してモチベーションが最高潮だったときに出会ってても推し変してただろうなってぐらいには素敵な人です。

上手く言えないけど、私に舞台を観る楽しさを教えてくれたと言っても過言ではないのかなって。

 

今は本当に心が軽くて、めんどくさい感情無しで楽しくヲタクができてると思ってます。自分から同厨を気にすることもなくなったし、自分の観劇欲を満たすためだけに通えている状態です。

いろんな応援の仕方があるし、少し前の私みたいな応援の仕方をされてる方って割といるんじゃないかなって思うんです。ただ、必要以上に自分を追い込んでヲタクするのってしんどいよねって。推しに対して何も感じなくなっちゃうのが一番こわいことだと思うんです。だからほどほどに、みんなそれぞれ自分のペースでヲタクできればいいねって思います。

 

 

 

なんだこの締め方…

 

 

 

『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』がすごい

 

 

 

 

 

こんばんは。

 

正直この話題について書くかどうか悩みました。が、書きます。もう我慢できません。書きます。

 

まずプリンス・オブ・ストライドという作品について。ストライドという街中を全力で駆け抜けるスポーツのお話です(雑すぎる)。

私はこの作品のいわゆる原作厨でした。

舞台化が発表されたときは正直絶対に無理だと思ったし、中途半端な形で再現してほしくないと思ってました。

でもまぁやると言われれば気になってしまうのがおたくの性ですよね。案の定発表されてからキャスト陣のSNSやらインタビューやらを見ている内に「まぁこんだけ頑張ってんやったら??観に行ったっても??ええんちゃう???」って気持ちになっていきました。気づいたらチケット取ってたよ、こわいね。

そして迎えた自分的プリステep1初日。

大号泣でした。

自分の推しキャラがすごく高いクオリティで再現されてて、笑っちゃいそうになるくらい本人そのもので。ちゃんと原作を壊さないように、それでいてキャストさんのキャラの解釈が伝わってきて、少しニュアンスが違うところもあって。でもそれが楽しくて。これが2.5の醍醐味だなぁと改めて感じました。

心配だったレースシーンも立ち上がって応援したくなるくらいの熱量でした。本当に全力で街中を駆け抜けているような臨場感、努力が感じられるパルクール

正直想像以上でした。

空中でのリレーションはまじで鳥肌がすごかったです。あそこほんと大好きなんですよねもうありがとうって感情しか湧き上がってこなかった。

 

と、まぁおもしろいぐらいにドハマりしてしまった私なんですが。

ゲームノベルアニメ舞台全てを網羅した私がどうしても言いたいことが一つだけ。

プリステを観劇してきた方の中にもしまだ原作をあまり知らないという方がいらっしゃるなら、お願いです。どれでもいいからなんでもいいからとりあえず原作に触れてみてください。

私は基本的に推しが出ると決まった作品が知らない作品だった場合は、原作を読むなり見るなりしてから臨みたいと思っているタイプです。とりあえずちょっとは勉強しておくかぁって人、多分多いと思います。

ただプリステに関して、SNSやら会場やらで「原作知らないけど行ってきた」という意見をよく見かけました。実際ep1のとき後ろに座っていたお姉さん達が「すごかったね〜アニメ見ようかな〜」って話してるのを内心見て見て見て見て!って思いながら聞いてました。

もちろん原作を知らなくても楽しめる舞台だとは思います。勝ち負けがはっきりしているスポーツものだからとっつきやすいんだろうなって。

ただ私は思うんです。この舞台は絶対に原作を知ってから観た方が百億万倍楽しめるって。

もちろんプリステに限らずほとんどの2.5作品がそうだと思います。自分が好きだから贔屓目で考えてしまっているだけだろうと言われれば否定できません。というかその通りです。

私はこの作品が大好きだからこそ、こうやって舞台を通して、プリストを全く知らなかった人達にも良さが伝わっていっていることがとても嬉しいんです。

だからこそせっかく観るなら思いっきりプリストの世界に浸って一緒に熱い夏を過ごしてほしい。それだけなんです。

 

キャスト含め関係者の方がよく仰っていますが、口コミ(?)でプリステが少しずつ広まって、ep1でお世辞にも埋まっているとは言えなかった会場がep3では満員になりました。

本当にすごいことだと思います。いろんな人のいろんな努力が積み重なった結果なんだなって。

私はこの作品を好きでいられることを本当に誇りに思います。

8月27日。全てが決まる日。

その日に向けて、夏の終わりに向けて、私も全力で駆け抜けていけたらと思います。

 

そしてもしこのブログを読んでくださっている方の中にまだプリステを観たことがないという方、興味はあるけど今更だなぁなんて思っている方がいらっしゃったら声を大にして言いたい。

プリステはすごいぞ!!!

人気コンテンツになってしまった今、完売してしまっている日程がほとんどです。

ただプリステはちゃんと毎公演当日券を用意してくれてます。まだチャンスはあります。大阪はまだ二階席が販売中だった気がします。

私に生きる幸せを再確認させてくれた(スケールがでけぇ)プリステを、もっとたくさんの人に知ってもらえますように。プリストというコンテンツがもっとたくさんの人に愛されますように。

舞台俳優関係ないただの原作厨の熱弁になってしまったなぁとようやく気づいたところでそろそろ終わりにたいと思います。

 

以上、プリンス・オブ・ストライドの回し者でした。