いったりきたり

舞台俳優 / 二次元 / 雑記

オタクの終着点

 

 

 

オタクの目指す理想の終着点ってなんなんですかね?

一応言っておきますがオタクをやめたい訳ではないです。ないですけど、一度考え込んじゃうと止まらなくなっちゃう性格なのでどうしてもモヤモヤしちゃって。

 

推しを応援していてすごく楽しいです。嫌なこととかもう全部やめたいって思うようなこともあるけど、ブログが更新されれば癒されるし推しの次の舞台のことを考えれば幸せな気分になります。それに向けて頑張ろうって。

充実してるんだなって思います。

でもね、いつまでこの状態が続くんだろうなとも思う訳ですよ。ずっと好きだけでやっていける訳ないよなって。

実際今までもそうでしたし、多分今の推しに対しても嫌になっちゃうときがくるのかもしれません。もしくはもっと魅力的な人が現れてその人に夢中になっちゃうかも。今は想像できないけど。

推しに会うために働いてお金を貯めて、チケットを買って舞台に入る。そんな当たり前のことが当たり前じゃなくなる日がくるのかもしれないって考えると、少しだけこわくなります。

だって、終わりが見えないから。

どうなったら気持ち良くオタクを卒業できるっていう最終目標がないから。

推しがこのステージに立ったら卒業しようだとか、推しがドラマに出るようになったら卒業しようだとか、そんなことを考えてオタクしてる人は目指すところが決まってるからいいよなぁって思います。でも私は違うし、そんな目標全くない。

推しに報われてほしいとは思うけど、正直推しがテレビで主演を張ったりって姿は想像できないです。仮にそうなれたとしても、推しの飛躍をもっと見続けてたいって思っちゃうから売れたって多分オタクをやめることはないと思います。

ありえるなら売れちゃったからもう私は必要ないなってマイナスな気持ちでの卒業だと思います。でもそれって納得のいく終わり方ではないですよね。

あとずっと考えているのは、推しが結婚したらやめようってことです。これも起こってほしくないことだけど、そうなったらもう私は純粋に応援できる自信がありません。だからそっとさよならすると思います。

 

皆さんには目標ってありますか?

推しにどうなってほしいですか?

明確な終着点がわからないから、私はこれからもありえるかもしれない残酷な終わりにビクビクしながらオタクを続けていくんだと思います。

嫌な訳じゃないです、もちろん。推しを応援するのは楽しいです。幸せです。好きでやってることなんだから。でもだからこそ終わりが見えないこの幸せがいつか絶対に壊れる日がくるんだと思うと、悲しくて悲しくてしょうがなくなります。

幸い今の推しは誰かと噂になったこともなければカノバレしたこともないです。とってもクリーンな人です。

でもそんなクリーンな推しが突然結婚してしまった過去があるから、もうあんな経験はしたくないなって思っちゃうんです。思うけど多分そういうスキャンダル的なことが起きない限り、明確な終わりはこないと思います。

 

自分が結婚してしまえば大丈夫なのかなって考えたりもします。もしそうならそれは一番ありえるかもしれない幸せな卒業ですよね。

でも私の結婚相手の条件は“オタクを理解してくれる人”だから、結婚してもオタクは続けるんだろうなって。

 

もうだめですよね、本当に終わりが見えない。誰か決めてほしい。あんたはこうなればオタクをやめなさいって。

オタクなんてただの趣味なのに、今の生活のほぼ全てがその趣味のためになってしまってて。それが今の幸せなんだって思いつつ、このままじゃだめなんだろうなって気持ちもあって。

毎日葛藤しながらそれでも推しが好きだから会いに行く。そんな状態です。

この状態がずっと続くって約束されてるなら、何も悩むことはないんですよ。このまま推しを応援しきって死ねたら本望。でもそんなことありえない。

ずっと表舞台に立ち続けてくれるなら、できる限り応援していたいとは思うけど、いつ推しが板の上からいなくなってしまうかわからない。

幸せと不安が入り混じった気持ちでオタクを続けることがどれだけ自分の精神を削ることになるか、自分でも本当はよくわかってないんだと思います。今はどうしても好きだから会いたいって気持ちが優先されちゃうから。

それが正しいとか間違ってるとか、そんなことはわからないけど、私は納得のいく終着点が見つかるまで推しを応援し続けたいと思っています。

もし今の推しから離れるときがきたとき、全部無駄だったとは絶対に思いたくないです。だからできるだけ今のうちに“推しを好きでいられて幸せ”って気持ちを貯めておきたい。いつかオタクをやめるくらい嫌なことが起きたとき、この気持ちがゼロになってもマイナスにはならないようにしたい。

 

こんなに不安を感じながらオタクをするのは馬鹿なことなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。お察しの通りめちゃめちゃ情緒不安定です。理由はわかんない。でもたまにこうなっちゃう。ネガ人間だから。

基本的には能天気に今日も推しがかわいいかっこいい幸せ〜〜って感じなんですよ。

改めて文章にしてみるとオタクってほんと残酷だなって思います。でもしょうがないよね、好きなんだもん。傷つく前にタイミングよくやめるなんて絶対無理だから!

推しくん、頼むから結婚するときは半年前に少しだけ匂わせて!!!降りなって合図ちょうだい!!!!!!!頼むから!!(無理)

 

あ、ひとつ言いたかったことがあるんですけど、私のブログを読んでスターをつけてくださった方本当にありがとうございます。

実は私このブログが初ブログなんですよ。なのでスターがついたり読者登録してくださったときの喜びはもうはんぱじゃなかったです。ありがとうございます。

これからも思ったことを書き殴るだけの自己満ブログにはなると思うんですけど、自分のペースで書いていけたらなって思います。

いつか推しが誰なのかも話せたらいいなぁ、今は絶対に無理だけど。