いったりきたり

舞台俳優 / 二次元 / 雑記

続『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』がすごい




はい。
やっと書きます。
ep4終わってからどんだけ時間経ってんだよって感じなんですけど。やっと気持ちがまとまったので。
とりあえず一言言いたい。

やっぱプリステ最高。

ほんとこれに尽きる。
プリステの話をしようとすると興奮で言語レベルが著しく低下するのでそれを踏まえて読んでいただければ。ごめんなさい。

 

まずね、このカンパニーのキャスト全員が大きな怪我をすることなく、無事に走りきってくれたことに本当にホッとしています。
今はいろんな作品が舞台化されていて、それが当たり前のような風潮も少しあって、特にスポーツものは再現の仕方を工夫されてる舞台がたくさんあります。プリステはそういう括りの中で言うと、本当にキャスト自身が走ってギミックを越えないと成立しない作品だと思うんですよ。原作や、試合シーンで言えばアニメでの難しいギミックやコースの再現は決して簡単なものじゃありません。
元々身体能力が高い俳優さんを集めてはいても、あのパルクールをこなすのは大変だったと思います。実際に観劇していて、少し足を滑らせていたり、上りきれなかったりというシーンも目にしました。大きな事故に繋がることはなかったけど、本当に危険と隣り合わせな作品だとずっと感じていました。
だからこそ、キャストさん達がキャラクターを精一杯演じてくれたことはもちろん、大変なパルクール稽古を経て無事にep4まで走りきってくれたことに対しての感動だったり感謝の気持ちも大きいです。

本当にありがとう。

私はこのカンパニーが大好きです。

座長の伊崎くんや尊役の蒼木くんをはじめ、この作品に特別な気持ちを持ってくれたキャストさんが多いんじゃないかなって思ってるんです。

SNS等で役やチームに対しての気持ちを長文で書いてくださってたり、Twitterの固定ツイートがいつまでもプリステ関連のツイートだったり、終わってからもその方の中で大きな作品だったんだなって思わせてくれて、その度に本当に幸せな気持ちになります。

今までいろんな舞台を観てきましたけど、多分私の中ではこのプリステが絶対的に一番で、他の作品とは比べられないくらい本当に本当に大切な作品なんです。思い返す度に去年の12月から始まった私のストライド(すぐこういうこと言っちゃう拗らせオタクなんでスルーしてください)は本当に最高だったって思えます。

 

いやなんかもう締めそうな雰囲気だけどまだまだ続くよ。個人的に印象が強かったキャラクターやキャストさんについて少しずつ語らせてください。

先に言っておきますが死ぬほど長くなります。

ものすんごい長いです。全部打ち終わった後に長くなりすぎてここにもう一回長いよって打ちに戻ってくるぐらいには長いです。

 

まず陸役の伊崎くん。いや、伊崎先生。

本当に素敵な俳優さんだなって思います。シンプルに。元々別作品でお芝居だったり人柄だったりは知っていたんですけど、伊崎くんが陸でよかったなぁって心から思えます。すんなりと受け入れられたし、複雑な陸の感情だったりをちゃんと表現してくれてありがとうって気持ちです。人としてもすごく周りから好かれる人なんだなってことは前々から思っていたことなので、他のキャストさんからの伊崎くんへの言葉を聞いたりする度にホクホクさせてもらいました。

 

尊役の蒼木くん。

伊崎くんと同じく好きだった俳優さんだったので決まったときは嬉しかったです。作品の舞台化自体に不安はあったんですけど、陸と尊が二人だったことは素直に嬉しかった。陣くんは本当に身体能力が高くて、観劇する度に尊は陣くんにしかできないなって思わせてくれました。約束についてのシーンだったり、お父さんとのシーンだったり、尊に感情移入してアババババってなっちゃうことが多くてほんと大変でした。

 

歩役の白石くん。

個人的にすごく原作に近いなって思った俳優さんでした。歩くんの立ち位置って本当にかっこいいなって思うんですよ。きっかけはなんであれストライドを好きになって、努力して、色々あって物理的に一緒に走ることはできなくなってしまったけど、歩くんがいないとあの方南は成り立たなかったって私は思ってます。歩くんがいたから穂積も素直になれたんだろうなって。あぁだめだ、泣いちゃう。

 

怜治役の平牧さん、そして小早川くん。

キャスト変更ってシビアな問題だと思うんですよね、ほんとに。小早川くんに関してはどうしても比べられてしまうことも多かったと思うし、大変だったと思います。原作がある作品だからこそ特に。でもどっちの方がとかそんなことはなくて、どっちの怜治さまも本当にかっこよくて強くてみんなの憧れで、とってもとっても怜治さまでした。平牧さんのほんとにずっと役として振舞ってくれるところが大好きでした。ep2終わりの西星の動画で涙腺が崩壊しまくったこと今でも忘れません。小早川くんの綺麗ででもちょっとかわいい怜治さまも大好きでした。静馬とのシーンほんとに泣いたなぁ。「ビビって逃げんなよ」も聞けて嬉しかったです。二人の怜治さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

静馬役の小林さん。

静馬と怜治の関係性が本当に大好きなんですよ。上にも書きましたけどep4のライブシーンでの二人の会話がとっても好きです。留年うんぬんも噂されてたというか言われてたことではあったんですけど、ああやってしっかり描写してくれたことが嬉しかったです。こばりょの静馬爆イケですっごくよかった……。降りてくるときの髪の毛のファッサッが好きでした。(それで締めるな)

 

楓役の三原くん。

白石くんと同じく、本当に原作に近くて再現度が高かったなぁと思います。恭介が大好きで仕方ないってシーンではたくさん笑わせてもらったし、そんな恭介に向かっていくシーンでは本当に泣かせてもらいました。これからの西星を背負って立つ男になれるよ〜なってね〜って保護者みたいな気持ちで観てました。他のキャストに可愛がられすぎてる三原くんってほんと愛されてますよね。

 

侑役の影山くん、慶役の鐘ヶ江くん。

鴨田兄弟ほんとに尊い。やばい。鴨田兄弟についてだけで5記事ぐらい書けるわってぐらい大好きです。ep1とep3のチームの雰囲気の違いが本当に嬉しくてジーンときて三橋が出てくる度に泣いてました。嘘です。慶ちゃんならきっと侑の分まで頑張って優勝してくれるって信じてます。鐘ヶ江くんの慶ちゃんほんと良い慶ちゃんだった。影ちゃんも良いお兄ちゃんだったよ〜かっこいい。好きになっちゃうでしょって台詞本当にずるいです。

 

長塚役の横山さん。

あのね、ep3千秋楽のカテコでの横山さんの挨拶聞いた人います?自分でもどうしたってぐらい感動してベロベロに泣いてしまった……。ベロベロに泣くってなんだよ。プリステを通して大好きになった俳優さんの一人です。本当に横山さんの心優しい長塚が大好きです。横山さんに泣かれちゃうともう私も泣くしかないでしょ…。バナナ食べる…。

 

姫役の村田さん。

言わずもがなですごくかっこよかったです。正直最初は姫やれる人なんていんのかって思ってたんですよ。ですけど、予想を超えてくれました。ほんとにただただ姫だった。一番男らしいキャラクターなんじゃないかなって思ってます。姫の「勝者と比較できるのは勝者だけ。敗者が勝者と比較しようとするのは、どんな理由であろうと自分への甘えさ」って言葉が好きです。ep3の鮫とのシーン、本人は悔しがってましたけど、私はあれで良かったんじゃないかなって思ってます。姫にもああいうところはあってもいいんじゃないかなって。特に感動したシーンのひとつです。

 

堂園役の谷さん。

すごい。すごいしか言えない。めちゃめちゃウザいんですよ。ほんとに殴り倒したくなる。堂園でしかない。谷くんすげ〜って思った。すごい。ロクなこと言えなくてごめんなさいでもそれぐらいすごかった。プリステでの堂園人気もすごかったですよね、みんな堂園のブロマイド買ってたじゃん。まぁ私も買ったんですけど。ウザいんだけどまた観たくなるような、スルメ堂園でした。いや語彙力。

 

寛助役の田口さん。

私ね、ep1〜4を通して一番泣いたのが市場戦終わりの市場の会話なんですよ。特に寛助に対しては思い入れが強すぎて、もう本当に精神的にしんどかったです。こうやってしっかり市場の関係性を表現してくださってとっても感謝してます。大好き。寛助にはこれからも頑張ってほしいし、でも一人で背負いすぎないでほしいなぁと思います。また保護者。

 

巴役の北村くん。

巴だった。前世巴だったでしょ?って意味わかんないことを言いたくなるぐらいには巴でした。巴は本当にいろんな感情を抱えてる人だと思うんですよ。ストライドに対しての情熱はもちろん、陸との関係だったり、ヒースや恭介との関係だったり。複雑な感情を抱えつつ、ストイックに走る巴が観られて本当に感動しました。八神兄弟のシーンはどのシーンも涙が出てきて大変だったよ〜、尊い

 

天役の校條さん。

ゴッドの発音がすんごい好き。そこかよって感じなんですけど、いやもちろんそこだけな訳じゃないですけどね?喋り方がすごい天。個人的に決勝で負けた後の負けたことを理解できてないというか、わかってはいるけど認めたくないというか、そんな複雑な表情の天がとっても心に残りました。最速って言葉が似合う強い天が観られて嬉しかったです。

 

青葉役の塩口さん。

好きです。ほんとにただただ個人的にめちゃめちゃかっこよくてめちゃめちゃ好き。一人残って去っていった仲間の為にもって立ち位置がすごく好きなんですよね。青葉がいるから花京院は成り立ってるんだと思います。天と同じように、負けたことが信じられなくて巴をびっくりしたように見つめてる青葉が印象的でした。

 

そして、奈々役の桃瀬さん。

桃瀬さんを知れたのがこの作品で良かったなって思います。奈々が桃瀬さんで良かった。乙女ゲーム作品の舞台化って、ヒロインを受け入れられるかどうかでだいぶ印象が変わると思うんですよ。だから桃瀬さんの奈々を好きになれて良かったなって。桃瀬さんの男前な奈々ちゃんが大好きです。

 

とりあえずこれぐらいにしておこうかな、びっくりするぐらい長くなってしまって自分で自分に引いてます。

というかここまで書くなら全員書けよって感じなんですけど。すごいことになっちゃうのでピックアップさせていただきました。でもここに書いてない方もみんな素敵な方ばっかりで、みんなみんな大好きです。

書いていいなら書くよ?だめ?

やめておきます。

色々書いてると思い出が蘇ってきてなんか泣きそうだなぁ。本当に舞台化してくれてよかったって思ってるんです。どういう形であれプリストっていうコンテンツか続いていってくれることが素直に嬉しい。ありがとうございます。

 

いやいや、続編あるんや……………。

全部終わったみたいな感じで書いてますけどep5決まりましたからね。まさかの。びっくりした。

スペシャルというか続編って形じゃなくても何かしらプリステが復活してくれるかなとは思ってたんですけど、まさか千秋楽で発表とは思わないじゃないですか。

びっくりしすぎて理解するのに数週間かかりましたからね。嘘ですけどね。

どういうお話になるのかとか誰が出てくるのかとか、わからないことだらけですけど、全員続投してくれることを信じて待ちたいと思います。

 

とにかく、ep4までみなさん本当にお疲れ様でしたと言いたいです。

以上、プリンス・オブ・ストライドの回し者でした。